横浜初!路線バスの小型化を実現

標準

浜市磯子区には、古くからの街道が多く残っている名残からか、道幅が狭く曲がりくねった道も多い。
雨の日になると傘の列が道を覆い、バスの運転手も一般車のドライバーも、対向車とのすれ違いの際にストレスを感じていた。

続きを読む

横浜初!区内全駅のバリアフリーを実現

標準

間に乱反射する太陽光――。その美しい照り返しが届く丘に『加藤』は立っていた。『洋光台』そう名付けずには置けない美しさがある。
『加藤』は、そう思わずにいられなかったという。
この場所へ彼を導いたものは、たった3cmよって失われる命の儚さと、そういった現実が起こってしまう悲しさであった。

続きを読む

横浜初!うつ専用相談窓口を区役所に設置

標準

『加藤』の携帯に着信があった。
時刻は深夜2:00を回ったころである。
受話器の向こうで、むせび泣く女性――。
自身が『精神障害NPO』の理事をつとめていた経験からも、彼女の精神状態がすぐに解った。深刻な精神状態――『うつ』である。
『加藤』は、最大の励ましを送っていた。いま、自分にできることの全てを注ぎ込むように――。

「死にたいです……」
続きを読む

横浜発!中小企業資金繰り支援策を実行

標準

史に残る不景気に見舞われている日本。その就業者の99.7%は中小企業で働く人々だという。
会社の規模にかかわらず、借金をしない会社は皆無であると言ってよい。
――であるからこそ、どのような資金繰りを出来るかが、直接的に会社の存続に掛かってくる。
資金繰りとひと言で言っても、それは人間でいうところの血液の循環と同じように重要である。
血液が巡らなければ人体組織が死滅していくように、資金=血液が回らなければ、会社組織=人体組織は、倒産=死滅する。
いまのように、『不景気』→『利益の減少』→『月々の返済額変わらず』→『経常利益の減少』の構図では、今までと同じ量の仕事を裁いたとしても、確実に倒産へと向かっていくのが現実である。

続きを読む

市立小学校にいじめ等の問題解決にあたる専任教師を配置

標準

る日『加藤』のもとに一本の電話が入った。
小学生の子供を持つ母親からである。
母親の声を聞いたとき『加藤』にはおおよその予想がついた。
教育経験者としても見過ごすことのできない問題――。『いじめ』である。
いじめの問題は、年代を問わず起こりえる問題でもある。しかし――『加藤』が一番危険視したのは、少年時代からの『いじめ』によって、子供たちの可能性という芽がを摘まれてしまうことであった。
この『いじめ・学級崩壊・不登校』の問題は低年齢化がいちじるしく、中学校、高等学校に比べ、小学校での政策は大きく出遅れていた。
小学校教師に『いじめ』に対するアンケートを取ってみても、報告はほとんど上がって来ないのが現実である。

続きを読む

磯子区内に脳血管救急医療体制を整備

標準

とは時に大きく人生を変えてしまうものである。
『加藤』は議員になってからというもの、さらにその現実を知らされることとなった。
相談者の中には、国からの援助なしでは生きてゆくことすら叶わぬようになった人もいる。
『加藤』は、これまでもそういった方々を守り通す議員を目指し突き進んできた。
現実を見――。知れば知るほど、飛び込めば飛び込むほど、もっと奥深くにある根本の問題として『そのような状況になる前に手を打つ政治』の必要性を、改めて痛感せざるを得なかった。
死に直結するとされる三大病。その中で『加藤』が真っ先に注目した病が、『脳梗塞』である。
『脳梗塞』に着目した理由とは、身体麻痺や言語障害といった深刻な後遺症が残る可能性が極めて高いからであった。

続きを読む

消防団員へ報酬を

標準

皆さんは、知っていましたでしょうか?
現在、横浜市では、7,414人、そのうち磯子区には260人の消防団員がいて地域を守っています。

その、消防団員の日頃の労苦に応える目的で、国から市への交付金が支払われていました。

しかし、全国の主な都市の中で、消防団員に報酬と費用弁償(火災や訓練出動の日当)を支給していないのは、横浜市だけだったということを。
続きを読む