路面下空洞化調査の実施

東日本大震災発生時に道路が陥没して救援活動の大きな妨げとなった。加藤
ひろとは災害時の道路を確保するためにも、未然に発見し修繕することの必
要性を訴え、平成25年から3年かけて市内380kmの緊急輸送路の調査実施
を決定した。磯子区八幡橋でも空洞化が発見され修繕されました。