守る!携帯型防災ヘルメット配備の実現

児童の毎日に、安心、安全を

「子供を守る防災ずきんを」一人のご婦人の声に加藤ひろとは、今までの防災ずきんよりはるかに強度が高く、持ち運べる携帯型防災ヘルメットを提案。
市立小学校1年生全員約3万人への配備を実現した。
更に平成27年4月には新1年生分の増備も決定。落下物や火災から頭部・首を守り、被害を防ぎます。