「ごみ屋敷条例」が成立

 公明党横浜市会議員団に寄せられた「ごみ屋敷」問題の解決に向けて、積極的な調査・研究を重ねた結果、法的な根拠に基づき具体的なアプローチを可能とする条例制定が必要との結論になり、団として昨年9月林市長に対して条例化を視野に入れた実効性のある対策について 要望させて頂きました。その後、本会議や委員会での議論を通して対策 の必要性を繰り返し訴え、9月21日の本会議においていわゆる「ごみ屋 敷条例」を成立させることができました。
この条例には、地域住民と関係機関の連携や、福祉的 観点から当事者に寄り添った支援を行うなど、私共の主張が大きく反映されました。なお本条例は、本年12月1日から施行予定です。

※横浜市建築物等における不良な生活環境の解消及び発生の防止を図るための支援及び措置に関する条例