全年齢に対応した救急電話相談《♯7119》を開始

 平成18年7月から開設された「小児救急電話相談(いいナース 1174)」。公明党が平成16年から積極的に取り組んできました。
 これまでも制度の拡充を要望し、相談時間帯の延長など実現してきました。小さな子どもを持つ 親が子どもの急病に際し、直接電話で相談できる窓口として、高い実績を上げています。
 一方で、高齢者の方々が安心して老後を暮せる社会を築くことも急務となっています。介護に関 する様々なことは、福祉保健センターや地域ケアプラザでも相談できますが、これから増加が見込 まれる認知症の方やその介護者への支援を充実させることも必要と考えています。
 本会議などで、幅広い年代に対応する相談体制の拡充が不可欠であると訴え、早期実現に向け て働きかけてきました。その結果、今年1月15日から、小児から成人の全年齢に対応した救急電 話相談が開始され、月からは時間の対応になりました。