「ヨコハマ」を世界の観光都市に

 市内の土地の戦略的活用によって、観光を発展させていくことができます。その一つが、みなとみらい21地区。まだ未使用の土地が残るこの一帯に、スポーツ施設などの建設が進めば、さらなる集客が見込めます。特に、同地区のパシフィコ横浜は、APEC首脳会議をはじめ数々の国際会議を開催してきた会場ですが、周辺のホテル不足などから、要望のあった3割弱しか開催できていません。1回につき世界の識者らが数千人規模で集う国際会議。ホテル誘致が進めば、数百万人の方々を横浜に招くことができます。現状、横浜での国際会議の開催回数は、上海などを抑えてアジア5位。東京オリンピックも控えており、横浜の魅力を世界に発信するチャンスは今です。