◆ひろとネット-154

<馬場町バス停>

11月9日、第4回根岸橋地区市政報告会を上町町内会館で行いましたが、その際、以前より要望が有り、段取りを整えていた馬場町のバス停の移設が実現の見通しがたってきました。

12月3日に交通局と磯子警察署、そして、町内会の3者が現場を確認することになりました。

最後までしっかりと取り組んでまいります。

<結党50周年>

11月16日、全国県代表者協議会が開催され、明年の結党50周年に向けて新たな決意のもと前進を開始しました。

昭和39年11月17日、「大衆福祉」と「日本の柱」を掲げ公明党は誕生しました。以来、日本の政治で重要な役割を果たしてきました。

そしてこれからも、大衆の要望、期待を担って立つ決意で発展・飛躍してくことを誓い合いました。

山口那津男代表は、「公明党には、民意をつかむ『ネットワーク』の力、その民意を施策として具体化する『政策力』と『合意形成力』がある。

そして、公明党のネットワークの力をさらに磨いて『国民目線』からの政策実現を果たしてまいります。」との決意がありました。

また、当面する政治課題である消費税引き上げに伴う軽減税率の導入について、年内に少なくとも基本的な方向性を打ち出す必要があり、与党として責任ある対応をしなければならないと述べました。

加藤ひろとは、立党の原点を忘れることなく、全力で走り抜いてまいります。