◆ひろとネット-129

一昨日3/23日、丸山地区の方に同行していただき挨拶にまわりました。

公明党への期待の大きさに身の引き締まる思いをいたしました。

また、介護のことで様々なご相談をいただき、介護の課題の多さも実感いたしました。

高齢社会における医療・介護の充実、そして、それを支える経済の着実な成長のために全力を傾けようと、あらためて決意いたしました。

お忙しいところ時間をとっていただき、丸山地区の皆さん、本当にありがとうございました。

<防災・減災対策>

横浜市の最大被害想定における、火災による焼失棟数は、今すぐに最大の地震が起こった場合、77000棟を予測しています。

被害をできる限り少なくする防災・減災対策が重要です。

新年度予算の審議でこの点を最重要に提案や議論を行いました。

火災による被害が大きいと予測されている、磯子区でも多い"木造住宅密集地域"に、狭い道でも入っていける可搬消防ポンプを積載したミニ消防車の6台増強や地域の人たちが初期消火を行う初期消火箱も設置されます。

ただし、この消化箱の扱いについては、訓練を必要としますので呼びかけがあったら是非参加していただきたいと思います。

加藤ひろとは防災・減災に全力を尽くします。