◆ひろとネット-117

今日は大晦日、早いものであっと言う間に1年が過ぎようとしています。

この1年間、皆様方の多大なる心からのご支援に支えられ、加藤ひろとは走り続けることができました。

感謝、感謝を胸に明年もがんばります。

<自公政権スタート>

26日、自民・公明の連立政権が誕生しました。

公明党からは太田昭宏国交大臣のほか、3名の副大臣、3名の大臣政務官が就任、神奈川県本部代表代行の浜田昌良参院議員が復興庁副大臣に就任しました。

また、雪辱を果たした我らが上田勇県代表は、党政調会長代理、財務金融委員会理事と拉致問題特別委員会理事に就任しました。

25日には、自公連立政権の樹立に向けた連立政権合意書が交わされました。

この合意書では、国民の信頼の上に、英知を結集して国難に立ち向かい、わが国が本来持っている力と夢を取り戻し、日本再建を果たす。と、公明党が衆院選で訴えた「日本再建」を掲げ、防災・減災対策をはじめ8項目にわたる重点課題を挙げています。

課題山積の日本。

公明党は、今年「大衆とともに」の立党精神の継承から50周年を迎え、出発しました。

横浜市の予算案審議も間もなく始まります。

加藤ひろとは、来年も安心・安全で安定した横浜を守るため全力で取り組んでまいります。