◆ひろとネット-102

9月に入りましたがまだまだ暑い日が続いています。

体調を崩している方が多いようです。お体をご自愛ください。

9月1日は「防災の日」、各地で防災訓練が行われました。

防災訓練を通して、様々な課題を発見し、今できること、そして今あるものを最大限に活用しながら、万が一に備えていく発想も大事であること等を学ぶ機会となったのではないでしょうか。

公明党横浜市会議員団は、防災の日に先駆け、8月22日、「「事前防災・減災」を推進するために、横浜市として全庁的な体制を構築し対策を講じるべきと考え、林文子横浜市長へ「事前防災・減災の推進を求める要望書」を提出しました。

内容の概要は、 公共施設の保全にあたっては、危機管理の視点で取り組むことのできる全庁的体制を構築すること。

港湾施設と緊急輸送路となる道路の路面下の空洞化をはじめとした損傷状態の調査を行い、応急保全対策を実施し、補修・長寿命化の計画の資料とすること。など4項目です。

林横浜市長からは、「いい視点での要望を頂いた。庁内の専門家に確認させ、副市長とも相談し、部局をまたいだ指示を出す」との回答がありました。

これからも加藤ひろとは、防災・減災に全力で取り組んでまいります。