◆ひろとネット-82

<洋光台駅自転車駐輪場>
洋光台駅にある自転車駐輪場のことでご相談をいただきました。

その内容は、風等のため、頻繁に自転車が将棋倒しになり自転車の損傷や事故の可能性があるので何とかして欲しい。というものでした。

関係部署に要請し、早急に輪留めや防風シートの設置が行われるようになりました。

<汐見台病院>

4月7日、「汐見台病院の今後についての意見交換会」が、汐見台ニュースの主催で開催され、私も様々に意見を述べさせていただきました。

昭和54年の開院以来、地域の方に親しまれ磯子区唯一の総合病院である神奈川県立汐見台病院ですが、老朽化が進み、施設設備の修復の時期に差しかかっています。
そこで、高度専門医療や地域医療の支援といった県立病院の役割を踏まえ整理していくとして、県立汐見台病院あり方検討委員会が設置され4回の議論を経て、間もなく答申が出されようとしています。
現在の汐見台病院は一般病院であり、県立病院の趣旨に沿っていないのではないか。という指摘がされています。

しかし、汐見台病院は地域の方々のための診療所から始まり、現在も地域の在宅医療の核となっています。また、年間800件の分娩を行なっており、これは南部医療圏(中・磯子・南・港南・金沢・栄区)の1割に相当します。
ここで生まれた方も多いと思います。

屏風ヶ浦病院が今年移転することとなっており、汐見台病院は、地域や磯子区、南部医療圏になくてはならない存在で、今までどおりの総合病院として継続すべきと強く考えています。
今後そのために行動を起こしてまいります。

<市電が蘇る>

4月6日、久良岐公園「横浜市電1156号」修復記念式典に参加いたしました。

私も乗ったあの懐かしい、磯子の歴史に大きな1ページを飾った市電が、朽ち果て見るも無残な状態にありましたが、神奈川新聞社が呼びかけ、株式会社サカクラ(岡村)が全面協力し、久良岐公園内に見事に蘇りました。
今後は横浜市が管理することとなっています。

一度お出かけしてみたらいかがでしょうか。桜も見事です。