◆ひろとネット-56

20日、本会議が開催されました。
この間、各常任委員会で論議されてきたことを踏まえて、市内全小中学校に配備する放射線測定器購入等の震災対策を盛り込んだ一般会計補正予算(19億6200万円)など28議案を採決、可決しました。

そして、平成22年度の決算審議を行うための、決算特別委員会が設置され、28日から20日間の論戦が始まります。

昨日(25日)は、磯子まつりのオープニングでした。
35回目となる今回、東日本大震災チャリティーイベントとしての開催です。
式典で、磯子まつり振興委員会・鈴木伊佐雄委員長は、「多くのまつりが中止になる中、チャリティーとして行うこととしました。磯子は磯子で盛り上げる、という原点からスタートし、多くの磯子区民のパワーが被災地に届き、少しでも力になれたらと考えております。」との挨拶があり、とても印象に残りました。
本当にその通りだと思いました。

磯子区と親交のある宮城県塩竈(しおがま)市の物産展も開催され、私も海産物をかいました。
また、被災地応援募金もいたしましたが、200円につき日清オイリオの食用油一本をいただきました。
家に帰り、家内から「それ、一本4〜500円するよ」と聞いてびっくり、日清さんの企業スタンスに感動しました。

磯子まつりは、11月27日まで様々なイベントが開催されます。みんなで盛り上げて、被災地を応援しましょう。