◆ひろとネット-41

<市内の放射線量測定・公表体制が強化されます>
 ひろとネット‐40でも配信いたしましたが、公明党横浜市会議員団は、震災直後から風評被害による横浜の農業への影響や水道水などの安全性情報の的確な発信を要請してまいりました。この度、放射線量測定・公表体制を強化することが決まりました。新たに測定対象に加えたのは、環境科学研究所、都筑区役所、南部公園緑地事務所で高さ50cm、1m地点の測定、さらには、6月13日に小・中学校の校庭(磯子区は4校)、6月中旬には、保育園の園庭(磯子区は2園)の地表近くの空間線量測定を行い翌日公表します。また、小学校の給食材料のサンプル調査も始めります。
加藤ひろとは、子ども達をはじめ皆様の安全・安心の確保に全力で取り組んでまいります。
横浜で生まれ、横浜市立間門小学校、栄光学園高校を卒業した、古川 聡(さとし)さんが6月8日にソユーズに搭乗し、約5ヶ月半の国際宇宙ステーション(ISS)第28/29次長期滞在ミッションを行っています。暗いニュースが多い中、希望に満ちた報道に触れ、心が明るくなりました。無事のご帰還とご活躍を、心よりお祈りしています。 そして、お帰りになったら、横浜の子どもたちに、宇宙の素晴らしさ、大きな夢に挑戦し、その夢を叶えたお気持をお話し下さればと思います。