緊急総合支援策

世界最大級のマグニチュード(M)9.0を記録した巨大地震が、東北、関東地方を襲いました。
犠牲となった方々のご冥福を心からお祈りするとともに、被災された方やご家族の方々に心からお見舞い申し上げます。
震災発生後、私たち議員団は一丸となって、市内の災害掌握と対応、帰宅困難者への支援、そして被災地に市所有のヘリコプターや消防艇を派遣するなど、全力で取り組んできました。
そして、災害発生から三日間、公明市議団が各現場を駆け回り、そこで聞いた生の声を緊急総合支援策に取りまとめ、昨日、林市長へ以下の要望書を提出しました。
『東北地方太平洋沖地震に対する本市緊急総合支援の早期実施について』
1.深刻な被害を受けている他県被災地へ出来得る限りの支援を迅速に行うこと
2.安否確認等にかなりの日数がかかることが予想される。そこで、被災された横浜市民の家族に対してメンタルケア等の支援をされたい
3.電気・水道・ガス等のライフライン関係及び鉄道・路線バス等、市民生活に直結する情報の一元化をされたい
4.液状化等で破損した道路等の迅速な修復と、そのスケジュールを速やかに周知すること
5.学校、病院等の公共施設の損傷について、早急に耐震・修繕を実施し市民の不安を取り除くこと
また、今回の東日本巨大地震で代えがたい多くの生命を犠牲にした教訓をしっかり検証し、今後の本市防災計画の見直し、強化に速やかに着手されたい。
以上
この要望に対し、林市長からも『現場のきめ細かい大切なご意見・ご指摘をいただき本当に感謝しています。早速検討します』との回答がありました。
前代未聞の災害に、いまだ多くの方々が苦しみ、悲しんでおられます。
その心にすこしでも励ましを送れるよう、明日からも全力を挙げて取り組んで参ります。