◆ひろとネットNo.14

『心気も新たに』
おはようございます。加藤ひろとです。
花粉が飛ぶ時節ですね。
今日は雨も降り、影響は少ないかも知れません。
アレルギーをお持ちの方には辛い時期でございますが、自動車等の運転や事故には十分お気をつけ下さい。
先日、3月3日の時局講演会に『太田昭宏』公明党議長が、応援に駆けつけて下さいました。
公明は少数ネットワーク政党でありながら、キャスティングボードを握っている。との世評から、太田議長は最近よくマスコミに質問され、このように答えるそうです。
『立場としての公明党は自民寄りですか? 民主寄りですか? どこ寄りですか?
このように問われたならば、私達はこう答えます。人間寄りであり——。現場寄りであり——。困っている人達の味方です。』
私達、公明議員にとって当たり前の心構えが、実際の政治では置き去りにされていますが、本来すべての政治家がこの指標に立ち、目指すべき道だと私は思います。
わたし加藤ひろとは、これからも『人々の中に、現場の中に、困っている人たちの中へ飛び込んでいく議員』で在り続けようと、決意を新たにしました。
◆◇◆◇◆
これからも、市民生活の安心・安定のため、活気あふれる磯子の街づくりをめざし、「あなたの声を つなぐ 叶える」加藤ひろと、全身全霊で戦ってまいります!!