◆ひろとネットNo.7

『子供の安全へ向けて協議』
おはようございます。
加藤ひろとです。
事故を減らすため安全対策を協議しました。
◆いきさつ◆
昨年11月、磯子小学校正門付近で車が通学路を突き抜け壁に激突する事故がありました。そのことで町内会長はじめ役員の方から安全対策の依頼があり、何度か協議しておりましたが、本年1/13、事故現場(真照寺)に磯子土木事務所副所長をはじめ、所員3名、磯子小学校の校長、副校長、町内会の皆さんが集まり、対策を協議しました。
◆対応策◆
白線とグリーンベルトの塗り替えや徐行の表示は早急に対応し、その他のことについては、段取りをつけました。寒い中長時間になりましたが、校長・副校長先生の児童を思う気持ちに接し、心を打たれました。また、土木事務所の何とかしたい、だけど道幅の狭さ等で思うようにできない苦悩を垣間見ました。
◆様々な課題を確認◆
その後、場所を変え町内会の会長はじめ役員の皆様と、昨年末いただいていた磯子橋西詰の渋滞解消の進捗状況や地域の課題等を懇談しました。皆さん『安全で暮らしやすい地域にしたい』という思いがとても強く、私も胸が熱くなりました。
◆◇◆◇◆
これからも、市民生活の安心・安定のため、活気あふれる磯子の街づくりをめざし、「あなたの声を つなぐ 叶える」加藤ひろと、全身全霊で戦ってまいります!
http://www.kato-hiroto.net/